スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居合の稽古:錯覚にだまされるな

今日は伝達講習会の復習も兼ねて全剣連を12本、

ばっちり先生にみていただけました。

前は腰を上げるときは太ももを内側にしぼるように

すると事前と足先がひらき、足先が内側にはいらず

かつ右足がまっすぐ前にだせる

切り下ろすときは送り足をしない=>コレやると減点。

後ろ:自分のからだをねじる力をつかえば楽にまわれる。

それには、しっかり後ろの敵を見るべし。

受け流し:右肩前方に抜く。右にいってしまうので注意。

イの字はイのそのままにくっつけてはダメ。右足は左足にひきつけずまっす

ぐもってくる。

柄当て:後ろを突いたとき、きちんと後ろをつく。
後ろをむききっていないので注意

など、など。

今日は袈裟の血振りにもなおしがたくさんはいってしまいました。

振り上げ方はもっとおおきくまわす。
真横までは持っていかず、ちょっと手前。
肘がさがるので、注意。
きちんとこめかみに持ってくる。

さて、今日のタイトル「錯覚」のお話。

総切りの「あごまで」、「水月まで」、「へそまで」

の高さがなかなか決まらない。

どうしても高くなりがち

それはなぜかといえば、刀の刃は反っているから。

柄の感覚ではちょうどよくても、反っている分切っ先は上になってしまう。

ましてや、上から見ているので高さの感覚がうまくつかめないので、

よけいだまされる。

実はこんなに下ろしてOKなのか?ってくらい下ろして

ちょうどいいくらい。

そう教えていただいても、なんどやっても

「高いよー」といわれてしまう(>_<)。

最後はやけくそにあごのときは水月、水月のときはへそ

くらいの気持ちでおろしたら、やっと

先生に「いいですねー」と言っていただけました。

ホッ

錯覚にだまされず、がんばりましょう。

諸手突きの「あごまで」も同じですね。












ほかの居合仲間のブログも読めます。一見あれ。

にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
にほんブログ村


武道 ブログランキングへ

blogram投票ボタン





テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

帰蝶

Author:帰蝶
居合と剣道やっております。
どちらもまだまだ未熟者でございますが、稽古の記録など書きのこしておこうと思います。

同好の皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

あばたーは 「萌える!アバターメーカー」で作成しました。

帰蝶の居合稽古日誌

ポチっといただけると嬉しいです
最新記事
居合と剣道の輪
おすすめ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
其の四がでました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。