スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古流の稽古:虎のように?しなやかに?

今日は久々に古流の稽古。新しく習う業です。

最初は初伝の残り3本全部やるよーといわれましたが、

最終的には10本目=虎乱刀と11本目=逆手陰陽進退の

2本になりました。最後の1本抜刀はまた次回か、または

またしばらく先になるのでしょう。

あたらしく業を習うときはいつもそうですが、たいへんつらい……。

運動神経が鈍いもので、

こうやるんだといわれても、急にはそういう風に体が動いてくれないんです。

本当はすこし「予習」でもできればなんとかなるのですが、

全剣連とちがって予習をするのはなかなか難しい。

そのうえこの日も私より段が上の経験者もご一緒なので

ますます自分のできなさが浮き立ってしまって、

正直 へこみます

同じにできるとはさらさら思いませんが、どうしても

隣で並んで稽古されているとそちらに気持ちが引っ張られ

てしまいます。

だめだなぁ、心の鍛錬がたりないのかな。

ε-(´ω`○)ハァ・・

無心で稽古するっていうのもなかなか難しいです。

さて、習っているときは形を覚えることに必死なので

気づきませんでしたが、「虎乱刀」という業の名前って

いったいどういう由来なのでしょうかねー。

どこがなのか?

足使いの様が虎が獲物を狙って近づくときの足運びと似ている

ところからという解説も見かけましたが……、

うーん、そんなすばらしい足運びなんて私には当分できないだろう

とますます凹みます。

古流ではほかにも名前に「虎」がはいっている業があって、

それらも「虎」が獲物を狙うがごとく……なのでしょうか?、

名前はかっこいいけど、それだけ業も難しそうです。

きっと猫科のあのしなやかな動きが重要なんですねー。

日ごろの身のこなしなどでも心にとめて

生活してみようかと思います……。

もうひとつは「逆手陰陽進退」ですが、

これはいろいろと呼び名があるようで

替業とかいうこともあるようです。

さらっと言ってしまうと陰陽進退のを逆手でやるから

……っていうことで、この逆手が難しい(汗)。

すねに斬りつけてくる刀を払わないといけないので、

その角度が大事。へたに受ければ相手の刀を払うどころか

自分の刀がはじかれますからねー。

線ではなく面で受けるのが重要……。

心に留めてなるべくそういう格好になるように

がんばってみます。

予習はできないけど復習は自分しだいなので、

しっかり復習しておこうと思います。
m(_ _)m











ほかの居合仲間のブログも読めます。一見あれ。

にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
にほんブログ村


武道 ブログランキングへ

blogram投票ボタン

テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

帰蝶

Author:帰蝶
居合と剣道やっております。
どちらもまだまだ未熟者でございますが、稽古の記録など書きのこしておこうと思います。

同好の皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

あばたーは 「萌える!アバターメーカー」で作成しました。

帰蝶の居合稽古日誌

ポチっといただけると嬉しいです
最新記事
居合と剣道の輪
おすすめ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
其の四がでました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。