スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居合(2) いよいよ本格的に稽古開始です

居合の稽古2回目。な、なんと先生とマンツーマン。わたし一人のために先生が時間を割いてくださるというのは、ありがたくもあり畏れ多くてちょー緊張しました。

先生のお話で、興味深かったのは神棚のお話。こちらの道場の神棚にお祭りされているのは「箱根神社」なのだそうです。箱根神社(九頭龍神社)といえば、最近はやりのパワースポットとしても有名なようですが、居合をやられる方には毎年八段戦が行われる場所としておなじみでしょう。曽我兄弟が仇討の本懐遂げた孝心を顕彰する大会だそうで、毎年5月28日に箱根神社武道場で開催されているそうです。細かくいうと、箱根神社の境内にある曽我神社の例祭。私もいつかは見学に行ってみたいと思っていた大会です。今年は土曜日だし、ひとつ行ってみようかなー。

武道の道場は、神棚があるところも多いのです。その昔、私が通っていた剣道の道場にも神棚がありました。いままでは、そういった道場にある神棚に、どこの神様が祭祀されているのかなんて考えてもみませんでした。きっと各道場でいろいろなのでしょうが、それぞれ武道系の神様をお祭りしているのでしょう。肝心な中身のことを考えたこともなかったなんて、うかつでした。

もうひとつ神棚がらみで勉強になったことは、「神前」への礼の仕方。居合でふつう座った姿勢から礼をする際は、床に手をつくときは、まず左手をついて、それから右手をつきます。そうすることで急に襲われても、右手で刀が抜ける、いつでも反撃できる体制をとっているというわけなのです。で、ここからがポイント。だから、神前に礼をするときは左、右ではなく、両手を一緒につくのですと!。神様は敵ではないので襲ってはきませんし、そんな風に挨拶しては神様に失礼です。だから、ちゃーんと両手をついてご挨拶するのだそうです。おー、なるほど、納得です。

どちらの話題も、ご存じの方にとってはなにをいまさらな話なのでしょうが、私には思ってもみなかった視点からのおはなしでした。稽古のあいだ中「ほー?!」、とか「はー?!」とか、感嘆詞を口にすることばかりでございました。

刀礼のやり方など、今日教えていただいたことはほかにもたーーーーくさんあるのですが、こちらはブログ向きではないので、自分の稽古日誌にしっかり記録しておくことにします。

久しぶりの運動、しかも緊張状態だったので、帰宅後はぐったり。でも、たのしかったです。また、

がんばるぞー


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

帰蝶

Author:帰蝶
居合と剣道やっております。
どちらもまだまだ未熟者でございますが、稽古の記録など書きのこしておこうと思います。

同好の皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

あばたーは 「萌える!アバターメーカー」で作成しました。

帰蝶の居合稽古日誌

ポチっといただけると嬉しいです
最新記事
居合と剣道の輪
おすすめ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
其の四がでました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。