スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居合いの稽古:抜きつけに強さを!

不覚にも風邪をひいてしまい、まるまる1週間、居合の稽古はお休みしてしまいました。

居合をはじめて以来、こんなに稽古の間隔が空いたのははじめてです。1週間たってもまだ、体調はすこぶる不調。元来健康だけがとりえのような人間で、風邪で会社を休むなんて経験したこたがない(風邪を「口実」に休んだことはあります……)この私が……本当に具合が悪くて会社を休んでしまったほどです。

もちろん私もひとの子なので、風邪をひいたことはありますが、いままでは一日かふつかで回復できていたのに……。なんだか歳をとったのかなぁ……と寂しく思っていました。

会社の同僚たちは「今年の風邪は長引く」ようだというので、歳のせいだけではないと思いたいですが……。残念なことに、若い仲間はこの話の輪の中に居なかったので、説得力がありません。

お稽古内容
今日は1本目から12本目まで全部先生にみていただきました。形はおぼえたので、これからの課題は、

抜きつけに強さをもたせる

まあ、すぐにはできないだろうけど、徐々にね・・・・・・ということで

具体的には

刀があるていど前に出ていってから鞘を引くのではなくて、抜き出すと同時に鞘をひきはじめる。

最初から柄をぎゅーと握ると肩に力が入って腕がまえに出ないので、やわらかく握る。親指の上に乗っけとくカンジ?

鞘を引くにつれて左上半身が事前に斜めうしろに引けてきて、自然に切っ先が事前に鞘から離れるように。

あとは、右手を握りこんでいく。右腕を横に引っ張らない。

前に抜くのはよいが、前に抜こうとするあまり前に出た後、一瞬止まって動きが二段階になってはだめ


理屈はわかったので、あとは、練習のみ

その他、注意点は

4本目。後ろを突く際、わざわざ右手を下げる必要なし。まっすぐ伸ばすと自然に腕の位置は下がっていって、そこがちょうど水月。右手で胸を囲うように。もっと大きな胸ならぶつかって、ちょうど良く止まるのか?もと思ったが、いらぬ雑念。

5本目。八相の構えからの血振りは、左足が右足の横を通過するまで、刀は動かさない。右あしから左あしに体重移動しながら足を引く。

6本目。抜いたときの刀の角度はちゃんとできてるのに、振り下ろしてくるうちに角度がずれてしまう。なぜかといえば、右手の握りが、柄から浮いているから、握りこむにつれて、角度がずれる。手のひらを柄から浮かせないように。
振り返りながら、振りかぶるときは、握りはやわらかく、動きを止めずに。

7本目。右に斬り付けるつけるさい、体が右に開きすぎ。

8本目。後ろに振り返るとき、鞘がはかまの中にはいってしまうのは、体を前にむけたまま鞘を下ろしてくるから。体を回しながら鞘をおろしてくれば、入らないハズ!。

9本目。突いたときは、後ろにのけぞっていないように。体重をしっかり前に乗せる。

10本目。最後の敵に振りかぶるとき左肘から上げない。

11本目。水平にきりつけるときは、右足を出しながら構え、左足を引くときに斬る。刀は左手を締めこんで振る。

1,2,4本目、上段に振りかぶったとき右に傾くので、振りかぶるさい、柄と右手首の角度を意識しながら上に持っていく。

ひとつひとつ、ゆっくり」確認しながら自主練習にはげみたいと思います。




ほかの居合仲間のブログも読めます。一見あれ。

にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
にほんブログ村


武道 ブログランキングへ

テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

帰蝶

Author:帰蝶
居合と剣道やっております。
どちらもまだまだ未熟者でございますが、稽古の記録など書きのこしておこうと思います。

同好の皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

あばたーは 「萌える!アバターメーカー」で作成しました。

帰蝶の居合稽古日誌

ポチっといただけると嬉しいです
最新記事
居合と剣道の輪
おすすめ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
其の四がでました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。