スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居合の稽古:そうなるには理由がある

本日の居合道のお稽古は一本目から六本目までをお稽古しました。

久しぶりに先輩Kさんがお稽古にいらっしゃいました。K先輩は人生でも大先輩
ですので、お会いしてお話するだけで元気をいただけます。

1-3本目からは、前回のお稽古でみっちりやりましたが、復習。
3本目、立ち上がり方がまだまだなので、要稽古。
袈裟の切り下ろしは、もっと切っ先をまわしてしっかり斬る。

4本目。左足は後ろを振り向くと同時に、動かす。
私は、足がはやい。同時にできるよう気をつけます。
納刀の際は右足が残らないように。

5本目。袈裟の切り上げはに抜く。上にひいてはダメ。

6本目。相手の斜め右面を斬るためには、どのような刃筋で刀を抜けばよいか?。
柄を相手の斜め右面に持っていって抜いては実はダメ
そのまま抜いて斬りつけたららどうなるか?といえば、刀は相手のへいってしまします。

オー、マイ ゴッド

うそだと思っているあなた、やってみてください。

じゃあ、相手の右面に斬りつけるには、柄をどこへもっていくか?

相手の左面です。

動画でお見せできればよいのですが……

ぜひ、どなたかに前に立っていただいて、体験していただきたいです。

あー、そんなの常識だよ?と思われている方には大変失礼しました。

しかし、この日わたしが感動したのは、結果には理由があるってわかったことです。

斬りつけた位置が、高いとか低いとかなってしまうのは、
そこにいたるまでの形が間違っている
高くなるのは鞘を上げてしまうから。そこをなおさずに、最後の位置だけ
あわせるのはムリってことです。

このように動くから、こうなる。
このように動いては力が分散してしまう。
なぜなら、ベクトルが2方向にぶんさんして……云々。

とか、なんだか物理の授業?を思い出します。

理屈が好きな私は、とても面白くて興味ひかれます。

ただし、理屈がわかることと、をそのように動かせるかどうか

はまた

ここが、つらいところです
(笑)。











ほかの居合仲間のブログも読めます。一見あれ。

にほんブログ村 格闘技ブログ 居合道へ
にほんブログ村


武道 ブログランキングへ

blogram投票ボタン

テーマ : 武道
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもコメントありがとうございます。

私も同じようなことを考えていました。
直したいところを小手先で修正しようとしても
ダメなんですよね。

そういうことを考えて、悩んで、
壁をクリアしていくのは
居合の1つの楽しさじゃないでしょうか。

始めて1年余りで
もうそんな風に考えられるなんて
素晴らしいですね~

No title

なるほど、難しくて苦しいとばかりおもっていましたが、
これが、居合の楽しさのひとつなんですね。

たしかに、できるようになったときのうれしさは
ひとしおです。

私がこんな風に考えられるのは、師匠の導き
のおかげです。

よき師に感謝して、稽古にはげみます。
プロフィール

帰蝶

Author:帰蝶
居合と剣道やっております。
どちらもまだまだ未熟者でございますが、稽古の記録など書きのこしておこうと思います。

同好の皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

あばたーは 「萌える!アバターメーカー」で作成しました。

帰蝶の居合稽古日誌

ポチっといただけると嬉しいです
最新記事
居合と剣道の輪
おすすめ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
其の四がでました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。